軽金属・
輸送機金属製品本部

アルミ事業

アルミの川上(製錬)から川中(圧延)にわたるバリューチェーンをグローバルに展開

非鉄金属最大の市場規模を持つアルミは、今後は自動車軽量化のニーズもあり、市場の需要拡大が見込まれます。当社は、川上のアルミ地金製錬事業から、川中の圧延品にかけて生産拠点を拡充しながらグローバルなマーケティングを展開しています。アルミ地金分野では、マレーシアのアルミ最大手であるPress Metalと2つのアルミ製錬所の合弁事業に参画し、現在、更に生産能力を増強して販売力を強化する取り組みを進めています。また、アルミ圧延品分野では、アルミ缶材、自動車用アルミ材などグローバル調達化が進む分野への供給対応力を拡充すべく、米国のアルミ圧延事業への投資や、タイのコイルセンター事業運営などに取り組んでいます。

輸送機材事業

全世界向けに多様な輸送機材を供給

鉄道、自動車、建設機械、産業機械、物流機材等の産業向けに、輸送機関連の部品や、資機材の販売並びに事業会社の運営を行っており、業界ナンバーワンのバリューチェーン構築に邁進しています。鉄道分野では、台車、車輪、車軸、レール及びレール締結装置のトレードに加え、米国で車輪車軸の製造事業会社に出資しています。また、米国向けで世界初の長尺レール(150メートル)用輸送船を竣工し運営しています。自動車、建設機械、産業機械の分野では、重要部品であるクランクシャフトのトレードのほか、日系高炉メーカーと共に世界4拠点へ出資し、グローバルな供給体制を構築しています。また、パレット、コンテナ等の物流機材分野では、中国のパートナー企業と市場の拡大に努めています。

アルミ製錬権益を増強し
地金取引を拡大
more

住友商事が20%出資参加しているマレーシア・プレスメタルのアルミ精錬事業では、既設の第一工場プレスメタル・サラクワ社(PMS)の年産12万トン、第二工場プレスメタル・ビントゥル社(PMBTU)の32万トンに加え、2015年に第二工場の能力を二倍にする増強投資に取り組んでいます。この増設ラインがフル操業となる2016年半ばには、生産能力は合計で76万トンと、アジア・オセアニア地区で最大のアルミ精錬事業となります。当社はここで生産されたアルミ地金のグローバルなアルミ取引の拡大に注力していきます。

北米市場を中心に拡大する
鉄道資機材分野への展開
more

貨物鉄道輸送量が増加している北米では、鉄道資機材補修需要の安定的な伸びが期待されます。
この市場の成長に対応すべく、2014年8月、長さ150メートルの鉄道用レールを輸送する世界初の長尺レール輸送船を竣工しました。
当社は、長年にわたり鉄道用レールを世界各地に供給してきました。従来は、輸送船の構造的な制約から、長尺レールを6分割して25メートルの長さで輸送してきましたが、全長190メートル、積載重量2万3,000トンの本線が新造されたことにより原寸でのレール輸送が可能となり、鉄道事業各社のニーズに応えることができるようになりました。当社は、このプロジェクト以外にも、北米では、鉄道車輪・車軸メーカーへの出資や、軌道部材メーカーに経営参画するなど鉄道資機材関連事業を多面的に展開しており、引き続き注力していきます。

PAGETOP