ENTRY

住友商事グループの事業精神

全社員に根付く住友商事グループの
行動指針でもある事業精神とは。

住友の事業精神

「住友商事グループの経営理念・行動指針」の原点は、
創業以来約400年にわたり脈々と受け継がれてきた
「住友の事業精神」にある。

「住友の事業精神」とは、住友家初代の住友政友(1585-1652)が商売上の心得を簡潔に説いた「文殊院旨意書(もんじゅいんしいがき)」を基に、住友の先人たちが何代にもわたって磨き続けてきたもので、その要諦は「営業の要旨」として引き継がれています。
住友商事グループの根底には、いつの時代でも、目の前の変化に惑わされることなく、「信用・確実」「浮利を追わず」「公利公益」に重きを置きつつ、「進取の精神」をもって変化を先取りしていくという、400年にわたり脈々と受け継がれてきた「住友の事業精神」が流れています。

「文殊院旨意書(もんじゅいんしいがき)」

「営業の要旨」

営業の要旨

第一条
我住友の営業は信用を重んじ確実を旨とし以て
其の鞏固隆盛を期すべし。

第二条
我住友の営業は時勢の変遷理財の得失を計り
弛張興廃することあるべしと
雖も苟も浮利に趨り軽進すべからず。

営業の要旨(口語訳)

第一条
わが営業は、信用を重んじ確実を根本理念とし、
これにより住友家が盤石に、
ますます栄えるようにしたい。

第二条
わが営業は、時代の移り変わり、
財貨運用の損得を考えて、
拡張したり縮小したり、
起業したり廃業したりするのであるが、
いやしくも目先の利益に走り、
軽々しく進んではいけない。

住友商事グループの経営理念・行動指針

「住友の事業精神」をベースに、今日的かつグローバルな視点を加えて、
平易かつ体系的に整理し直したものです。

目指すべき企業像

私たちは、常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く社会に貢献するグローバルな企業グループを目指します。

経営理念

行動指針

PAGE TOP